付帯部分の塗装も一緒に

住宅の塗装を行う時は一緒に付帯部分の塗装も行うのがおススメです。
 
この付帯部分はどんな箇所かというと、
 
・雨樋
・破風板
・軒天
・シャッターボックス・雨戸・戸袋
・霧除け・出窓天板
・水切り・換気フード
・ウッドデッキ・濡れ縁
・帯板・幕板
・門塀
 
などが、付帯部分に該当します。
 
 
一緒に塗装をするメリットとしては下記の点があります。
 
▶足場があるうちに一緒に塗った方が別で塗るより、コストカットになる!
▶外壁と屋根がキレイになった時に一緒に塗装を行えば、劣化が目立つ事も無い!
▶付帯部分も塗装する事で保護される為、劣化自体を防ぐ事が出来る!
 
 
ただし、外壁や屋根と同じ塗料で塗れば良い訳では無いので、必ず素材に合った塗料を選んで施工する事が大切です。
また色も全体のバランスを見て決める事が大切です。
付帯部分の色選びに関しては外壁・屋根を引き立たせるような色を選択した方が全体のバランスは良いと思います。
 
以上が付帯部分の塗装も一緒に行うおススメ理由でした。
 
ただし、「絶対に塗らないとダメ!」という事ではありません。
お客様のご予算に応じて対応させて頂きますので、今回の記事も参考にしてみて下さい!

一覧ページに戻る