防水工事

■適切な防水工事で水をシャットアウト

防水工事のポイントは、施工箇所に合わせた最適な工法を選ぶこと。
例えば、人の出入りが多いベランダであれば、歩行の安全性や、環境対策を考慮した工法を。
一方、いつも風雨にさらされる屋上であれば、優れた耐久性や水密性がベスト。

当社では防水効果はもちろん、建物を利用するお客様の快適性も考慮して、適切な施工法をご提案しています。

■防水工事の種類

○ウレタン塗膜防水
ウレタン塗膜防水は、液体状のウレタンゴムを表面に塗りつける工法。
低コストかつ短工期で済むので、あらゆる建物で取り入れられています。
シームレスな防水膜を形成していくため、形状が複雑・凹凸がある・狭い場所でも対応可能です。

○通気緩衝工法
通気絶縁工法の一つで、ウレタンゴム系防水のような既存防水層内部の水分を逃がすための工法のこと。
メリットは、次回の工事以降、防水塗り替え工事を安価で抑えることが可能です。

○シート防水
シート防水は、塩化ビニル樹脂や合成ゴムの防水シートを接着剤で張り付ける工法のこと。
耐久性・耐候性に優れており、下地に亀裂などの症状がある場合には特にオススメです。
また、曲面や凹凸のある場所にはシート防水は不向きですが、面積が広いマンションやビルの屋上などには最適な工法と言えるでしょう。

○FRP防水
FRPとは、ガラス繊維強化プラスティックのこと。
近年、注目されている防水材で、軽量ながら強靭かつ耐水・耐蝕・耐候性に優れています。
重歩行や車両走行にも耐えることができるため、木造住宅から駐車場の防水、自動車のボディパーツや太陽光発電の基礎架台など、用途は様々。
FRPを利用して出来上がった防水層は継ぎ目のない美しい仕上がりが実現し、軽量のため建物に負担もかかりません。
複雑な形状にも対応できつつ着色も可能なため、ベランダの防水に主に利用されています。

一覧ページに戻る