外壁塗装

■外壁塗装の本来の目的

“汚れた外壁の見た目を綺麗にする”だけが外壁塗装の役割だと思っている方も多いと思います。
ですが、外壁塗装の本来の目的は“塗膜で外壁表面をコーティングし、雨や紫外線からお住まいを守ること”です。
もし、塗膜の劣化が進行していれば雨風や紫外線によるダメージは避けられず、下地にまで傷みが及びます。

傷んだ状態をそのままにしておくと、建物内部へ水分が侵入する原因となってしまいます。
そうなると、外壁内部の劣化が進行。
内部の劣化を放置していると建物自体が腐食し、最悪の場合、建物の建て替えが必要になってしまいます。

このようなことになる前に外壁塗装を行ないましょう。
外壁塗装の目安は約10年。
もし、前回外壁塗装をしてから10年以上経過しているなら、当社にご相談ください。

外壁塗装の料金はコチラ≫

■塗り替えのサイン

○チョーキング(触ると手に白い粉が付着する)


紫外線によって塗料が分解され、粉状となっている状態。
この現象が見られたら塗り替えのベストタイミングです。

○全体的に色褪せている・黒ずんでいる
色あせは塗料の光沢感がなくなったときに、黒ずみはカビが発生しているときに発生します。

○窓枠から流れ出たような錆び汚れがある
錆び汚れは、サッシなどの金属部品が錆びて劣化している合図。
錆び止め塗料を施す必要があります。

○緑色の汚れがある(コケ・藻の発生)

外壁の含水率が上がってしまっている状態。
防水・抗菌効果が既に切れています。

○外壁にひび割れがある


髪の毛レベルの小さなひびも注意が必要。
雨や湿気はどんなに小さな裂け目でも入り込み、下地や躯体を腐らせます。

○目地やサッシのコーキングが痩せている・ちぎれている
建物の気密性が損なわれている状態。
コーキングの打ち替えを行う必要があります。

一覧ページに戻る