シーリング工事

■シーリングの重要性

シーリングとは、サイディングやALCといった外壁材に見られる、ボード同士のつなぎ目を埋める目地材のこと。
窓などのサッシまわりにもよく使われており、ゴムの特性を活かして、水分が隙間から外壁内に浸入するのを防いでいます。

目立たない箇所ですが、一度劣化してしまうと雨漏りを引き起こすこともある、大変重要な場所です。
シーリング工事は、長く快適な暮らしを維持し続けるために必要な工事の一つ。

10年程を目安にシーリング工事を行い、防水を万全な状態にしておきましょう。

■シーリング工事の種類

○新築工事
建物新築のシーリング材を打つ工事

○打ち替え
既存のシーリングを全て撤去し、新しいシーリング材を打つ工事

○打ち増し
既存のシーリング材の上にシーリング材を足して打つ工事

打ち増しは打ち替えに比べて施工がお手軽にでき、材料費も安く済みますが、あくまで応急処置的な工事となっています。
新しく打ったところで、その下には劣化したシーリングがある状態。
ですので当社では、打ち増しではなく、打ち替えをオススメします。

■シーリング打ち替えの手順

1.既存のシーリング材の撤去
カッターなどでシーリングに切り込みを入れて、サイディングとの部分を綺麗に取り除いていきます

               ↓

2.養生
シーリングを打つ部分に沿って、マスキングテープで丁寧に養生を行います

               ↓

3.プライマー塗布
シーリング材の密着力を高めるプライマーを塗布します(プライマー不足はやせやはがれの原因になります)

               ↓

4.バックアップ材挿入、ボンドプレーカー張り付け
バックアップ材を挿入したり、ボンドブレーカーというテープを底面に張り付けます

               ↓

5.シーリング材充填
コーキングガンを使用し、シーリング材を充填(シーリング材のボリューム不足はやせの原因となりますので、適切な厚さに充填することが大切です)

               ↓

6.ヘラおさえ
シーリング中に空洞ができないよう、ヘラを使用して圧着させていきます

               ↓

7.養生はがし・乾燥
シーリング材が乾く前に養生テープを剥がします

一覧ページに戻る